生存率を高める戦略

遺伝子療法

免疫チェックポイント阻害遺伝子治療

これまでの免疫療法は、免疫機能の攻撃力を高める方法が中心でしたが、がん細胞が免疫の働きにブレーキをかけ免疫細胞の攻撃を阻止することが発見されたことから、治療に応用し、がん細胞による「ブレーキ」を解除し、働きが弱くなったT細胞を再び活性化させ、がん細胞を攻撃する治療が行われるようになりました。

免疫チェックポイント阻害遺伝子治療は、免疫チェックポイントと呼ばれるブレーキ役の部分(PD-L1とPD-1の結合)を阻害する薬=免疫チェックポイント阻害剤を用いた治療法です。

ブレーキがかかったT細胞-がん抗原-がん細胞

がんの正常細胞化を誘導する遺伝子治療

1種類のマイクロRNA (miRNA) 単独使用で、 悪性度の高い腫瘍及び正常細胞から転移性を喪失したiPS様の細胞を作成でき、技術作成された細胞を動物に導入しても、奇形腫以外の腫瘍を形成せず、肝がんなら正常肝細胞にも形質転換します。
従来のiPS細胞と異なり、がん抑制遺伝子p53が強く発現しているため、より発がんしにくい治療法です。

iPS遺伝子の働き

不死化細胞をアポトーシス(自殺に追い込む)遺伝子治療

細胞のがん化の原因は、がん遺伝子やがん抑制遺伝子など複数の遺伝子の異常です。REICは、不死化細胞で発現が減弱(Reduced Expression in Immortalized Cells)する遺伝子を発見し、その頭文字からREICと命名されました。REIC蛋白(たんぱく)のアミノ酸の配列は、アフリカツメガエルで胎生期の頭部形成に重要な因子となるDickkopfs(Dkks)ファミリー(Dkk-1-4)のDkk-3に一致しています。REICが、がん化と関連するシグナルの伝達やがん細胞の増殖を抑えることを解明されました。

夢のがん治療遺伝子REIC 作用メカニズム

  • がん治療について
  • 免疫細胞療法
  • がん治療について
  • 免疫細胞療法
  • N2Clinic名古屋

    住 所
    〒460-0008
    愛知県名古屋市中区栄五丁目15番17号
    名古屋再生医療幹細胞免疫センタービル
    診療時間
    ■診療日
    月曜日~金曜日

    ■休診日
    土曜日・日曜日・祝日
    年末年始:12/30〜1/3

    ■診療時間
    9時00分〜17時00分

    N2Clinic名古屋〒460-0008 愛知県名古屋市中区栄五丁目15番17号 名古屋再生医療幹細胞免疫センタービル
    Copyright© 2017 N2Clinic Nagoya All Rights Reserved.

    PAGE TOP