生存率を高める戦略

免疫細胞療法

免疫細胞療法とは

今、注目を集めている免疫細胞療法

外科療法(手術)、放射線療法、化学療法(抗がん剤)は、がんの三大療法といわれています。医学の研究開発により三大療法も大きく進歩していますが、治療そのものや副作用に苦痛を伴うことは少なくありません。そこで、今、注目を集めているのが『がん免疫細胞療法』です。

私たちの体の中では、常にがん細胞が発生していると考えられています。しかし、がん細胞を攻撃する免疫細胞も存在しているため、すぐには、がんにはなりません。様々な理由でがん細胞と免疫細胞のバランスが崩れ、がん細胞の増殖が上回った時にがんという病気になります。

免疫細胞を人工的に増加し、その働きを強化することでがん細胞を抑え込もうというのが、『がん免疫細胞療法』です。具体的には、患者さんご自身の血液から免疫細胞を取り出し、数を大量に増やしたり、攻撃する働きを強化して体に戻します。つまり、「自分で治ろうとする力」を活用するという方法です。

採血〜増殖強化〜投与

自身の細胞を用いるため、副作用はほとんどありません。まれに発熱やアレルギー症状がみられる程度で、生活の質(Quality of Life :QOL)を維持しながら受けることができます。

免疫細胞療法の種類

NK細胞療法

ナチュラルキラー細胞(NK細胞)は、1970年代Herbermanグループにより発見されました。初期の生態防御機構において重要な役割を果たしており、抗原の感作なしに腫瘍細胞、ウィルス感染細胞などに対して、強い細胞傷害活性を示すことが知られています。今日、科学的理論、根拠に裏付けられた研究の基で、対外で高活性、高純度の人NK細胞の大量増殖、培養する方法が確立されました。これにより誘導した、NK細胞(一部細胞傷害性T細胞を含む)で、がんを治療する基礎研究、臨床医学応用によるがんの免疫治療を行っています。

最近がんの第4の治療法として、免疫治療法が期待されつつあります。免疫療法は、患者さんの低下した免疫力を高めて、患者の体内に侵入した細菌、ウィルス、腫瘍などを排除するための治療法で、体に優しく、副作用のない治療法です。免疫系は、他の異物や、病原菌が体内に侵入したとき、それを排除すると同時に、悪性腫瘍細胞にも働き、攻撃する自己防御システムを持っています。主に、悪性腫瘍細胞を攻撃するものとして、自然免疫系のNK細胞(ナチュラルキラー細胞)、獲得免疫系のTリンパ球(細胞障害性T細胞)が知られています。

NK細胞療法 詳細

樹状細胞療法

樹状細胞は白血球の一種で、免疫細胞の司令塔として、T細胞にがん細胞の目印を伝えます。樹状細胞からがん細胞の目印を伝えられたT細胞は、その目印を持ったがん細胞を攻撃するようになります。この樹状細胞を体の外に取り出し、人工的にがん細胞の目印を取り込ませて、再び体に戻すのが樹状細胞療法です。

樹状細胞療法 詳細

NK細胞療法

免疫細胞療法の手順

免疫細胞療法の手順イラスト

NK細胞は、初期の生態防御機構において重要な役割を果たしており、抗原の感作なしに腫瘍細胞、ウイルス感染細胞などに対して、強い細胞傷害活性を示すことが知られています。子供の頃には、体内にNK細胞数が比較的多く存在していますが、加齢に伴いNK細胞数は減少し、がんにかかる率も上がっていきます。現在、我々は、科学的理論、根拠に裏付けられた研究の基で、体外で高活性、高純度のヒトNK細胞の大量増殖、培養する方法を確立しました。これにより誘導したNK細胞で、がんを治療する基礎研究、臨床医学応用によるがんの免疫治療を行っています。

NK細胞療法は、患者さんから血液を50ccほど採取し、科学的な培養技術で刺激、活性化し、約2週間無菌状態で、数億~数10億個の自分自身のNK細胞に増殖させ、生理食塩水に溶かし、再び静脈から患者さんの体内に戻すという治療 です。1回に投与する量は患者さんの状態により異なりますが、通常、数億~数10億個のNK細胞数で、健康な人が持っているNK細胞の数倍量です(一人の体内を循環する血液量は約4~5リットルでNK細胞量は約2億個とした場合です)。

投与スケジュール

投与スケジュールイラスト

治療期間は患者さんの症状により異なりますが、基本的に3ヶ月で6回の投与治療が1クールになります。

樹状細胞(DC)療法

DC(樹状細胞)+リンパ球大量療法の手順

DC(樹状細胞)+リンパ球大量療法の手順

Tリンパ球は1個1個、認識できる相手(抗原)が限定されています。したがって、がん患者さんの血液中にたくさんのTリンパ球が存在してもがん細胞を傷害できるCTL(細胞傷害性Tリンパ球)はほとんど存在していません。そこで、がん細胞を傷害できるようにTリンパ球を教育してCTLを誘導するのが樹状細胞です。

樹状細胞療法は、樹状細胞を体外で培養により誘導して約1週間後に注射することで、体内で樹状細胞によるTリンパ球の教育をおこない、CTLを誘導する治療法です。通常は成分採血(アフェレーシス)にて充分量の単核球を採取し、そこから単球を分離し、体外で約1週間かけて単球由来の樹状細胞に分化させます。最後に、標的とする相手を決めるための処理をおこないます。その処理として、3通りの方法があります。
一つ目の方法は、自己の凍結がん組織からの抽出液を準備して樹状細胞を教育する方法で、手術の際に自己のがん組織を一部凍結しておくことが必要となります。
二つ目の方法は、患者さんの主要組織適合抗原(MHC)を調べ、その患者さんの遺伝子型にあったがん抗原の合成ペプチドを準備し、それで樹状細胞を教育する方法です。この方法は、まれな遺伝子型の患者さんでは使えるペプチドが不明でおこなうことができないことがあります。
三つ目の方法は、がん組織に直接細胞を注射できる場合、そこに未熟樹状細胞を打ち込みます。それによって、がん抗原を直接取り込んだ成熟樹状細胞が体内で誘導され、されに、効果の高いCTLを誘導される方法です。また、樹状細胞を準備する際に、同時に大量のNK細胞やTリンパ球も準備できますので、樹状細胞療法の場合は、NK細胞療法や活性化Tリンパ球療法も同時におこなうことができます。

治療期間は患者さんの症状により異なりますが、基本的に3~4週間に1度ずつ、4~6回おこなうことになります。

  • がん治療について
  • がん治療について
  • N2Clinic名古屋

    住 所
    〒460-0008
    愛知県名古屋市中区栄五丁目15番17号
    名古屋再生医療幹細胞免疫センタービル
    診療時間
    ■診療日
    月曜日~金曜日

    ■休診日
    土曜日・日曜日・祝日
    年末年始:12/30〜1/3

    ■診療時間
    9時00分〜17時00分

    N2Clinic名古屋〒460-0008 愛知県名古屋市中区栄五丁目15番17号 名古屋再生医療幹細胞免疫センタービル
    Copyright© 2017 N2Clinic Nagoya All Rights Reserved.

    PAGE TOP