生存率を高める戦略

がん治療について

がんってなに?

がんの告知を受け青天の霹靂のように感じている人も多いでしょう。でも、がんは突然降って湧いたようにできたわけではありません。私達の身体の中には、がんの増殖を促進する遺伝子が存在する一方でそれを防ぐがん抑制遺伝子も存在して、すぐにがんを発病するわけではなく、がんが増殖するためのアクセルとそれを防ぐブレーキの両方の働きが備わっていてそのバランスが崩れた時にがんの増殖が進みます。現在のがんの治療は、手術・放射線・薬物療法(化学療法)などいくつかの治療法を組み合わせる集学的治療が主流です。

がんの三大療法とは

がんの治療方法は基本的に「手術療法」・「化学(薬物)療法」・「放射線療法」の3種類があり、これを三大療法と呼んでいます。

「手術療法」・「化学(薬物)療法」・「放射線療法」

日本では、これまでは手術ががん治療の中心でしたが、近年は化学療法や放射線療法が進歩し、がんの種類やステージ(病期)によっては手術と変わらない効果が認められるようになりました。さらに、様々な検査を行いながら、どの療法がその人のがんにとってもっとも効果を期待できるかを探りながら、2つ以上の治療を組み合わせる(集学的治療)こともあります。

がん治療に対する最も新しい治療法

最新の医療技術として、いろんな治療法が挙げられますが、ここでは最近注目の医療技術を紹介しています。

1.新型ワクチン
2.重粒子線治療
3.分子標的薬
4.免疫療法

医療技術がどんなに進歩しても、がんの治療法は、まだ確立していないのが現状です。従って、本当の意味での主治医は自分自身です。そのことを肝に銘じておくことが大切です。この意味において、今後「自分の身は、しっかりと自分で守る」という患者としての心構えが、ますます大切になってきたと言えます。その意味で、自己免疫での治療法が最前線と言えるでしょう。

  • 免疫細胞療法
  • 免疫細胞療法
  • N2Clinic名古屋

    住 所
    〒460-0008
    愛知県名古屋市中区栄五丁目15番17号
    名古屋再生医療幹細胞免疫センタービル
    診療時間
    ■診療日
    月曜日~金曜日

    ■休診日
    土曜日・日曜日・祝日
    年末年始:12/30〜1/3

    ■診療時間
    9時00分〜17時00分

    N2Clinic名古屋〒460-0008 愛知県名古屋市中区栄五丁目15番17号 名古屋再生医療幹細胞免疫センタービル
    Copyright© 2017 N2Clinic Nagoya All Rights Reserved.

    PAGE TOP